ホンダ バイク 買取相場 千葉

ホンダ記事一覧

燃費良し、スタイルよしの50cc人気バイク50ccに見えない原付アメリカンスタイルのバイク。車格も100cc以上クラス相当のサイズがあり、しっかりしたバイクという印象です。メーカーカタログの燃費はなんとリッター105km。カスタムベースとしても人気だったのですが、排ガス規制の影響で生産終了となりました。マグナフィフティを高値で売るには人気車種だったとは言え、最低でも10年落ちのマグナ50は、人を選...

人気バイクエイプの99cc版二人乗り可能なダブルシートとタンデムステップを装備し、太いタイヤはブロックパターンながらオンロードでのグリップも十分です。通勤の足として使っている方も多いようですね。2016年に惜しまれながらも生産終了。ホンダエイプ100を高値で売るには2016年に生産終了ということで、これからレア感が高まってきそうです。走行距離浅めのエイプ100は、高額査定がつくかもしれませんね。売...

1992年生まれのホンダのロングセラー旧車風スタイルで乗りやすく、教習車としても広く採用されています。コミック「ばくおん!!」の主人公佐倉羽音の愛車として登場するなど、一般への知名度も高いみたいですね。初心者でも乗りやすい足つきの良さで初心者でも乗りやすいバイクに仕上がっています。またがると、両足がかかとまで地面につくほど。立ちゴケしにくいんですね。街乗りレベルだと、非常にエンジンレスポンスが良い...

フルカウル装着のスーパースポーツ50ccスポーティなスタイルながら、燃料タンクに相当する部分がメットインスペースになっていて、フルフェイスのヘルメット収納ができるなど利便性も上々。1999年に製造が終了しています。原付免許で乗れるMTバイクハイパワー、2ストで走りが気持ちいいバイクです。原付きにしては大柄なボディ。それにしては足つきも良いんですよね。また、燃費もいいので、長く乗れるバイクと言えるで...

ホンダ製250ccスクーターヤマハマジェスティ、スズキスカイウェイブに対抗すべくホンダが投入したスタイリッシュなフォルムのビッグスクーター。イタリアのミラノショーで初代、フォルツァX、ZからSi(イタリアのミラノショーで発表されていたもの)へと改良を重ねてきましたが、2017年に生産終了が公表されました。その後、2018年7月にフォルツァのフルモデルチェンジが発表。従来のフォルツァのボディデザイン...

個性派ネイキッドスクーターむき出しのフレームやデュアルヘッドライトなどが個性的なスクーターです。鍵穴へのイタズラを防止するシャッター付きキーシリンダーも装備。ファイアリーオレンジのフェイスは、なんとなく「ミニオンズ」みたいで可愛いですね。カラーがブラックだと、全然違ったテイストになります。千葉でホンダズーマーを高く売るには?ズーマーは未だに人気のスクーターで、新しい型のものは中古でも高額で買取され...